読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会話の実体化は可能か

f:id:sawatarix:20170409215144p:plain

英語をどう勉強するか?というのが全ての苦しみの根源であり、原罪であるわけです。それさえ確かならば、あとはがむしゃらにこなすだけなのですから…。まあ、どう勉強するかを試行錯誤して楽しむ質の人は、ともに罪を重ねていきましょう。

さて、スピーキングを独学で勉強するいい方法はないだろうか?ひとまず私が今やっている一つの方法をご紹介しましょう。通勤中などに、とにかく独り言を言うのである。声に出さずに、口パクだけでもよい。とにかく、思ったこと、感じたことを英語にするということを習慣づけることが目的だ。例として私が通勤中につぶやいていることを挙げてみると、「眠い、満員電車嫌い、全員殺す」という気持ちを、「I'm sleepy, I hate a full train, I kill them all.」として一人ごちる、という具合だ。始めてみると、かなり身近な単語もパッと頭から出てこないことに絶望する。絶望したら、I'm disapointed with myself.と呟くわけだ。

これは習慣付くとだんだん楽しくなってくるのでオススメではある。ただ、どうしても自分の身近な話にとどまってしまうし、独り言なので会話のシミュレーションとしては不足している部分もある。

そこで、日本語の自然な会話のテキストはないだろうか?と思ったのだった。つまり、友人同士の日常会話のそのままの文字起こし、ということになるだろうか。しかしこれがなかなか見つからない。まあ、特に価値があるわけでもない日常会話を文字起こしする人はいないのだろう。

例えば、個人のブログなんかはどうだろう?とも思うのだが、やはり思うに、書き言葉と話し言葉は根本的に違うという考え方をしてみたい。もちろんトレーニングにはなるだろうが、会話特有の言い淀みや間の開き方までシミュレーションしてみたいと思っているのだ。

自然な会話のテキストを求めて、小説などは使えないだろうか?とも考えたりした。特に、昨今のライトノベルの中には、地の文がなく、会話文だけで一本の本になっているものもあると聞くから、会話文のボリュームとしては十分すぎるくらいだろう。そう思って、アマチュアライトノベルが山ほど集まっている「小説家になろう」を覗いてみたのだが…

syosetu.com

わーだめだ。

「男は心の中に一本の剣を持っておかねばならん、大切な者を守るには―――」

「そうだな。ヴェンデリンとするか。その子が、バウマイスターの家名を継げる可能性はほぼゼロだがな」

「で、ランガ、俺はお前の名前しかつけてないハズだが、なんで牙狼達全員進化してるんだ?」

こんなセリフも言い回しも、一生使わないだろう。なによりこそばゆくて文章を直視できない。やはり根本的に書き言葉と話し言葉は違うのでは、と改めて思ったのだった。

そういうわけで、自然な会話の勉強法についてはいまだ試行錯誤している。まだまだ苦しまなければならなそうだ。楽しく苦しんでいきましょう。