読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だるい、めんどくさい

英語に慣れるには、数をこなすことが必要だ。

言葉というのは、フィーリングをできるだけすばやく、的確に、口の動き、舌の動き、声帯の振動、息継ぎなどで表現するものだから、一種スポーツのようなものだ。そういうわけで、口に出し慣れるというのは、スピーキングにおいて筋トレや素振りにあたる。

ただ普段日本で日本人として日本人の中で生活していると、別に英語を口に出す機会はない。いきなり友人にヘローと言い出すのも恥ずかしい。

そこで独り言の活用である。

とにかく英語で独り言を言う。口に出せればなおよいが、心の中だけでも十分だ。

 

そういうわけで、独り言として使いやすい英語をストックすべきだと考えた。私が最も使う独り言といえば、「だるい」「めんどくさい」で決まりだろう。

 

だるい

I feel heavy.

I feel tired.

I feel sluggish.

 

めんどくさい

I can't be bothered.

That's hassle.

 

私が英語について調べるときは、大抵google検索で済ませてしまう。英語は猛者がブログを書きまくっていたり、企業がガンガン参入しているので、大抵のことは誰かが答えてくれている。大変便利。

 

体がだるいって英語でなんて言うの? - DMM英会話なんてuKnow?

 

細かなニュアンスについて知りたいときは、googleの画像検索が便利なときがある。

「だるい」で挙げた「I feel sluggish.」だが、slugはナメクジのこと。つまり「ナメクジっぽい感じ」ということなんだが、そんな言葉自然に使うのか?とふと疑問に思った。そこで「I feel sluggish」で画像検索する。

 

i feel sluggish - Google 検索

 

ああ、だるそうな人間の画像がたくさんでてくる。どうやらこのだるそうな感じを表現する言葉としては適当そうだ。

そういうわけで、ことあるごとに"I can't be bothered""I'm sluggish"とつぶやいていこうと思う。